別荘地が売れない時に多いトラブルと広告費を掛けない売却方法

別荘売れない

 

別荘・別荘地の売却を検討する際に一番知っておきたい事が「不動産会社とのトラブルが多い」ということです。

測量や整地の費用、そして「特別依頼の広告(折込チラシや新聞広告など)」の広告費等が50万円~程度別途費用発生するのですが、広告を打たないと売れないと言われるのです。(あまり広告効果はないのですが。)

 

この高額な広告費を巡って全国でも多くの別荘地の売却時の相談が消費者センターに数多く寄せられているのです。

一般的に別荘地は売れにくい物件と言われている別荘地 = 不動産会社からすると利益を取りやすい物件

具体的な内容の見積書があっても実費などの詳細な資料などを掲示してもらえないので、結果的にトラブルや消費者相談に繋がっているのです。

 

今回はこの様な別荘地売却時に横行している広告契約の紛争を避けながら高値を引き出して広告費を掛けずに売却する方法をご紹介していくので参考にしてみてくださいね。

別荘地売却の際に増加している広告契約での紛争を避ける方法

 

別荘地の売却の際には不動産会社が前もって必要経費として広告費契約の終結を求められる事が一般的です。

 

この広告費は現地案内であったり新聞広告や折込チラシなどのことを指しますが、本来50万円や60万円と言った費用は実際は掛からないのです。要するに不動産会社の見えない収益部分ということです。

 

不動産会社は不動産の売買は特に大きな資金が動く分、仲介手数料から諸費であったり広告費などの必要経費内で費用を抑えて売上を伸ばしていくスタイルなので全てにおいて損をすることがない様になっているのです。

 

この別荘地の売却の際の広告費で消費者相談が多い原因が、広告費が高額だから契約の解除を申し出てても不動産会社が「別荘地の案内や新聞広告等の経費として使っているので差し引くと○万円しか返金できない」と主張して紛争が起こっているのです。

 

でも新聞広告などを使わないと売れないのでは?と思うかもしれませんが、近所の不動産会社に依頼するから売れないのです。大事なことなので再度お伝えしておきますが、原因は「近所の不動産会社に依頼したから」なのです。

 

別荘地が売れないからと言って新聞広告などに費用を掛けたりする必要はないのです。

 

近所の不動産会社には頼らず、不動産査定シュミレーションに依頼すると全国で最大1200社から別荘地の査定見積もりをしてもらうことが出来るのです。

 

全国の動産会社1200社が抱える顧客とネットワークがあれば市場の適正相場の査定額で、しかも広告費などを掛ける以上のネットワークで探してもらうことが出来るのでトラブルもなく高額売却で早く売れる可能性まで高くなるのです!

 

別荘地の売却で紛争を避けて売りたい時の完全無料の不動産査定シュミレーションがこちら

 

不動産査定シュミレーションを利用すると高値を引き出すことが出来る3つの理由が?

 

不動産査定シュミレーションは完全無料で利用することが出来るのですが、なぜ高値を引き出すことが出来る理由が3つあります。

 

  • 複数社に査定見積もりをしてもらえるので不動産会社も適正価格を出さざる負えない
  • 近所の不動産会社だけではなく全国の不動産会社に査定依頼してもらえるので高値を引き出しやすい環境になる
  • 公示価格の上昇で全国的に地価の上昇が起こっているので不動産会社によって出される査定額が変わるため

 

この3つの好材料を元にあなたの別荘地の査定を完全無料でしてもらうことが出来るので、近所の不動産会社では出すことが出来ないような高値を引き出すことは容易に可能になってくるのです。

 

しかも別荘地で最も多い不毛な広告費トラブルなどに巻き込まれることもなく大手の安心の不動産会社ばかりに査定依頼してもらうことが出来るので、安心感から信頼度まで全く違うのです。

 

この事実を知る前にまだ別荘地が売れない状態であればあなたはラッキーです。

 

人間巡り合わせは確実にあり、この事実を知ることが出来た事自体も必然でも有るものです。無料の情報をうまく活用するものが今の時代の勝者となります。あなたも別荘地売却での勝者の仲間入りをしてくださいね。

 

敗者になる前にまずは完全無料なので別荘地本来の市場価格と価値を把握しておきましょう。価値を知ることだけで情報勝者なので不動産会社の食い物にさせることはなくなりますからね。

 

【完全無料】別荘地の市場価値を把握したい方はこちら→

 

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。