リロケーションサービスの賃貸でトラブル多発?

転勤で空き家のリノケーション賃貸

 

海外赴任や転勤、介護施設に入居などにより自宅マンションや持ち家を短期的に賃貸物件として持ち家を維持しながら家賃収入を得る「リロケーション」という留守宅の賃貸化を活用しようという方が多くなっています。

 

トラブルの多いリノケーションですが、大手のリロケーション専門の不動産会社ではサブリース契約(不動産会社を挟んで賃借金が入ってくる)を勧められる事があります。手数料ビジネスで契約者としてのメリットはあまり無いのでトラブル防止のためにサブリース契約ではなく賃借契約にする事をおすすめします。

 

その他にもリロケーションの契約は「定期借家契約」で契約するようにしておかないと、何らかの理由で帰ってくることになった時に家に帰れないという事も発生するので、自分の思うようになる契約になるように細心の注意が必要となります。

 

その他にもリノケーションサービスを利用するにあたり、注意しておきたいことをトラブルをまとめているので参考にしてみてください。

 

リロケーション専門の不動産会社はトラブルが多い?

 

リロケーション専門の不動産会社では明け渡しの際の原状回復などの対応が異常に悪い口コミも多く泣き寝入りするしかないケースが多くあります。

 

リロケーションの専門の会社でトラブルが多い内容が、

  • 「借り主に直接クレームを言えないシステムになっている事」
  • 「不動産会社の現状復旧の基準の低さ」による室内の状態がボロボロになって返ってくるという事
  • 短期賃貸だから良い物件でも格安の賃貸料になる事が多い
  • 立地が良くないと入居者が入りにくい
  • 賃借後のトラブルのレスポンスが異常に悪い

 

などのトラブルが多いようなのでリロケーション物件として数年賃貸に出す事を検討している方は、後から後悔することになる可能性も同時に背負うことになることを念頭に考慮することをおすすめします。

 

家賃収入を得る代わりの代償として、見ず知らずの人に自宅を貸し出すということになる事を再度考え直してから依頼するほうが良い方も多いので参考に検討してみてください。

 

住宅ローンの負担が重い方にはリノケーションサービスも有効!?

 

リノケーションはデメリットばかりではなく、家賃収入があるのでメリットにも当然なり、住宅ローンを第三者に負担してもらうことが出来る方法でも有るため賢い選択肢でもあります。潔癖症の方やアレルギー体質などの方には現状復旧の問題で賃貸物件に出来ない問題もありますが。

 

一般的にはリノケーションという選択肢は悪い選択肢ではありませんが、借り主や不動産会社などをシッカリと選ばないとトラブルの原因になる事があります。不動産会社が間に入ったサブリースにしないと家賃滞納などの心配もありますが、サブリースにしてしまうと勝手に家賃を下げられたりすることも有るようです。

 

留守宅の賃貸を安易に利用しないことが得策のケースも有りますがトラブルなく活用することが出来るのであればうまく活用してみるのも良いかもしれませんが最新の注意を払ってサービスの利用をするようにしましょう。

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。