カジノ法案で不動産地価にバブル再来!それとも崩壊!?

不動産地価バブル

全国的にマンションの建設から建売住宅などの建設ラッシュが続いています。

その原因が新築マンション価格の高騰から五輪高騰、カジノ法案による上昇要因などの多様なプラス要因が起因し不動産地価を押し上げています。

今回はこの不動産バブル再来を体感している不動産関係者から不動産バブル崩壊を危惧している不動産関係者の理由も含めて伺っているので参考に優位な状況を作ってみてくださいね。

 

カジノ法案可決と2020年の東京五輪の影響で不動産地価が上昇してるってホント!?

 

カジノ法案の可決により2020年の東京五輪オリンピックに向けての観光客の誘致への動きも本格化してきました。

そして今建設ラッシュが相次いでいる中、東京五輪の後には不動産バブルも崩壊するという専門家の意見もありますが、過去の各国の五輪後の不動産価格は意外に影響を受けていなかったと言われています。

不動産バブルが崩壊する程の不安視の必要はないという見方が多く、売り時買い時は東京五輪までに売買をするか、東京五輪後の落ち着いた頃に様子を見て売買するかのどちらかになってきます。

 

現状の状況から想定して都心部での地価の上昇はまだまだ現在進行中で、建設ラッシュは東京五輪の影響だけではないので暴落を危惧する専門家は少ないのです。むしろ建設ラッシュは増税前の影響と、貸付金利が低金利が続いているため低金利で借りられるうちに着工してしまっている業者が多いことも起因しているのです。

8%から10%の増税に備えての建設ラッシュとも言え、10%の増税後には不動産市場は不動産関係者ではなくても素人から見ても多少の不動産市場の冷え込みは想定できる範囲内かと思われます。

 

現状での不動産地価の上昇はもちろんカジノ法案や東京五輪などでのビッグマネーが動いている事も事実ですが、上昇要因は他にも有るので不動産バブルが崩壊するという事は考え難く、多少の不動産市場の冷え込みは想定されている程度という見方が多くなっています。(※もちろん未来予見できる人はいませんので100%決まっていることではありませんがね。)

 

裏を返せば今は不動産バブルで低金利も続き資金調達もしやすい為不動産市場は活気づいている!

 

本当に高く不動産を売りたいと思うのであれば、住宅ローンの金利に着目するのが一番間違いないです。

なぜなら住宅ローンの金利が上昇する事で借り入れ需要も減少すると推測され、「金利が高くなり借入金額が高くなる」という状況になります。「金利が高くなり借入金額が高くなると必然的に不動産の取得力が弱まり市場が衰退傾向にならざる負えない」ので、不動産価値は下落します。

 

これらのことをまとめると、買い時売り時は真反対になります。株価などと同様に不動産地価も波谷があり買い時は底値で、売り時は高値で狙うのが賢い選択なのでしっかりと覚えておきたいことになります。

 

だから不動産バブルといって世間が騒いでいても、住宅ローンの金利を冷静に見て不動産公示価格も完全に信用することのないようにしたほうが良いです。なぜなら近隣の不動産会社はなんと言っても安く不動査定金額を出しますからね…

 

だから本当に不動産会社一社に見積もりや相談することは冗談抜きで辞めておけ、というのが不動産関係者の生の意見なのです。なぜなら彼らは不動産の売買を生業としているのですから。」と不動産関係者が語ってくれました。

 

カジノ設立により地域の経済活性化に繋がり地価も上昇の期待は当然大です!

 

先程も今の建築ラッシュは決して東京五輪の影響だけではないという事を理解いただけたと思いますが、東京五輪での経済効果の起爆剤になる要因として期待できるのはやはり「カジノ施設」です。

 

カジノ建設により地価への影響はほぼ確実に上昇すると言われています。なぜなら新たな雇用の創出から海外観光者の誘致。そしてカジノ施設開発に伴う近隣地域の活性化などで住宅価格から地価まで上昇することは間違いないだろうと思われます。

 

カジノ施設となる地域での不動産売却を検討しているのであれば、莫大な地価に化ける可能性を秘めているので売り時としてはカジノ施設設備が整い、地域が開拓され住民の満足度が高くなれば自ずと不動産価格も地価も上昇します。

だからカジノ施設の候補地とされている地域は今はまだ売り時ではないです。

 

不動産売買で不動産会社に騙されない為の唯一の方法が有ることを知ってください!

 

現状の不動産価値を知りながら不動産バブルになった時の価値の差も含めて把握した上で売却検討までしていかなければならないので、現段階での不動産価値をしっかりと把握しておくということは「この状況をわかっている人は密かに調査しているのです。

 

前途記述の通り、近隣不動産での不動産査定では「あなたの大事な不動産を商売道具」にされて確実に適正価格で掲示してもらえませんし、査定額の比較もできないので査定額が正しいという確認すらできないので非常に危険なのです。

 

不動産査定シュミレーションでは全国の1200社の不動産会社からの一番高い査定結果が分かります。不動産会社に騙された査定額を掲示される事もなく、正確な不動産価値を把握することが出来るので満足した上での決定を下すことが出来るので間違いない戦法になるのです。

 

今すぐに売るつもりはなくても、騙されないための適正基準としての不動産価値を知っておくことは大事なことです。そして不動産バブルを巻き起こしている今、すでにあなたにとって充分満足できる査定金額も期待できるのでまずは不動産査定シュミレーションをでチェックしておくことをおすすめします。

 

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。