家を売る時の6つの注意点を知らないと危険?

家を売る時の注意点

家を売る経験は人生において何度も経験することがではないので、賢く高値で売却することが出来るかどうかは6つの注意点を把握しておくかどうかに左右されます。

 

家を高く賢く売却する時の6つの注意点

 

  1. 家の適正相場を把握する
  2. 複数の不動産会社の見積もり査定で良い仲介業者と担当者と出会う
  3. 物件の最高値と最安値の違いを知る
  4. 家を売るときの必要手数料などのコストを知る
  5. 価格交渉で業者と交渉する情報を把握しておく
  6. 買主の値段交渉にも耳を傾ける

 

家の適正相場を把握する

 

家を売るには不動産としての価値を知り、いくらで売ることが出来るのか?現実的で第一に信憑性の高い情報を知る必要があります。

 

自分の家の価値は固定資産税の評価価格でザックリ把握している、という方もいるかも知れませんが固定資産税の評価額と査定額は異なります。家の評価額と家の相場とは異なるモノとして見る方が正しい見方ができます。

 

不動産会社に査定してもらいたいけど、申し込みするまではしていないという方も多いかと思いますが家の価格を把握するには査定してもらわう以外になく、適正相場を知ることなくして賢く家を売ることは不可能なのでまず確認しておきましょう。

 

不動産の一括査定なら今の家の価値を知り適切な相場を知ることができて、近所の不動産会社よりも的確な価値が分かるので簡単です。「不動産売却の流れ」も参考にしてみてください。

 

複数の不動会社の見積もり査定で良い仲介業者と担当者と出会う

 

複数の不動産会社で査定依頼してもらうことで誠実な不動産会社と利益追求のみの不動産会社まで分かります。ただ単純に査定額の差だけではなく不動産会社や担当者の違いという目には見えない財産を手に入れる事も出来るので見逃せません。

 

複数の優良不動産会社に見積もり依頼することで良い担当者との縁にもなり「売却を有利にすすめる会社選び」でも紹介している優秀な不動産会社よりも優秀な担当者の方がメリットが有るので価格と並行して任せる人選びとしても複数不動産会社への査定依頼は必須の事項となります。

 

優秀な不動産会社の優秀な担当者を味方につける事の恩恵は大きいのでチャンスを広げるきっかけとしても活用してみましょう。

 

物件の最高値と最安値の違いを知る

 

不動産一括査定を利用すると物件の最高値と適正相場を知り、同時に最安値の査定額もひと目で把握することが出来ます。

 

最高値と最安値を知ることで不動産会社ごとに査定額は変わるという真実を身をもって体験することが出来るほか、「不動産会社との価格交渉」や「買主との価格交渉の際の目安や交渉材料」としても役立ります。

 

不動産会社ごとに査定額が異なるのは、物件の現況から立地条件、建材のグレードなどの物件を点数化する細かい項目があるので相場にどった額から査定額が変わるのは当然の結果でも有ります。その他にも不動産会社の取引事例や、顧客の数によっても査定額は異なる為会社ごとに査定額は結果的に異なるので複数査定しないとほぼ損する確率は高くなるのです。

 

高額な査定額が出た時には算定の根拠が明確になりどの様な要件と条件で高額な査定額が算出されたのかを知ることが出来るため、物件としての強みを把握することができ、どの様な評価を受けたのかということも分かるため実際に売却の際のアピールポイントにもなります。

 

最低額の査定額を出してきた会社には極端な査定額を掲示している可能性もあり」低評価されたのはどのような点で、どの様な疑問を持たれて査定額を算出されたのか?という点も分かるので「高い評価も低い評価も大事な情報」となるのです。

 

家を売る時の必要な手数料などのコストを知る

 

家を売るときの注意点の一つとして仲介手数料や税金などの必要なコストを把握しておくことも大事です。

 

不動産売却にかかる仲介手数料などの費用」と「不動産売却時の税金や必要書類まとめ」に詳細をご紹介していますが、住宅ローン等が残っているのであれば抵当権抹消手数料から不動産仲介手数料などの諸費用、税金などの支払いなどもあります。

 

ケースバイケースですが、売却するにあたっての必要なコストについても一括査定してもらうことで適正な価格で対応させることが出来ます。不動産会社同士で必要コストを対比させて好条件を引き出す事も可能なので好条件で売却するための情報収集として一括査定会社同士のコストを逆手に取って活用しましょう。

 

価格交渉で業者と交渉する情報を把握しておく

 

不動産会社との価格交渉などにも柔軟に対応することは大事です。売り主の希望通りに全てことが進むことは極僅かなので、担当者に売り主としての要望をシッカリと伝えた上での「多少は妥協したほうが勝負が早い」ということも事実です。

 

全く交渉にも応じることもせず優秀な担当者に任せきり。というスタンスではなく、交渉にも応じるスタンスの方が得するケースが多いです。

 

不動産も良い査定額を出してもらっても交渉に応じてもらえる売り主と、交渉に一切応じない高飛車な売り主では買主の付き方も全く違ってきます。希望価格からあまりにも乖離した値下げ交渉にまでは応じる必要はありませんが市場の声に耳を傾けることも大事なことなのです。

 

売り出してから内覧や問い合わせなどの数なども考慮して担当者の方と相談しながら市場価値と照らし合わせながら交渉するようにしましょう。

 

買主の価格交渉にも耳を傾ける

 

買主の価格交渉の話も出てくるようなればチャンス到来です。一人でも価格交渉をしてきたら「複数の不動産会社の査定額」も参考にしながら、査定時に加点対象となった要因なども伝えたりしながら対話することでお互いが折れて売却の話自体がスムーズに進むケースが多いです。

 

買主も元の所有者の人柄によって毛嫌いされてしまう事もあります。

 

売り主としても買主の態度などを見るのと同じ様に、買主も売り主の態度や要望などは聞く姿勢を当然持っています。だからこそ対話できる相手として要望も受け入れることが出来る許容範囲なら応じながら売却というゴールに結びつけるようにしましょう。

 

ホームクリーニングやクロスの張り替えなどはよく買主からの要望がある項目でも有るので、この当たりも含めての売却値なども予め考慮しておくとスムーズに話を進めることが出来るのでリフォーム会社での見積もり査定などもしておくと交渉がしやすいので合わせて検討して見るのもよいかと思います。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。