狭小住宅で後悔しているなら売却検討した方が良い2つの理由

狭小住宅売却

住宅を購入する時にローコストに抑える事は出来たけど、やはり狭小住宅にして後悔してしまうケースが多いです。(建売も多いですが。)狭小住宅は3階建てが多く都心部ではごく当たり前に見受けますが、地方でも同様に立地等も都合で狭小地に住宅を建てている所は多いです。

駐車場のスペースもビルトインガレージというスタイルを取るなどの工夫をこらしている住宅が多く、狭い敷地内ならではの工夫をこらした間取りが多く不動産市場としては実は売り手市場でもあります。(北向き住宅でも関係ありません。)

そんな狭小住宅を購入して後から後悔してしまっている方は狭小住宅は立地が良いケースが多く、地価が上昇いている今の時期は更に売価が高額になる傾向が有るので失敗したなと思っている方は査定してもらった方が良いです。

今、地価が全国的に26年ぶりに上昇しています

公示地価上昇

日経新聞でも一面に取り沙汰されて全国的に公示地価の上昇が報じられています。

 

地方の狭小住宅に住んでいる方も今の住まいに十分満足しきれていないので住宅ローンを完済して、住み替えている人が続出しているのです。地価の上昇で中古住宅の需要も跳ね上がっているので購入時よりも高くなっている傾向にあるからです。

但し、一番重要なことが「近所の不動産会社に査定依頼をしてはダメ!」ということです。

 

なぜなら1社だけの不動産査定をすれば査定額が高いのか低いのかの目安もわかりません。不動産会社は安く買って高く売るプロなのでその点は査定依頼者が「不動産会社はビジネスで売買を行っている」ということを考えると当然のことです。

だから近所の不動産会社での査定依頼は丸め込まれるだけなので、相談するのは絶対におすすめしないと不動産会社社員が暴露していました。

 

不動産無料査定シュミレーションを利用すると全国の不動産会社1200社の中から一番高い査定結果が分かってしまう為、近所の不動産会社と違い本当に正確な価値が分かるのです。だからこそ不動産無料査定シュミレーションの満足度が高くなっています。

 

今すぐに売却する予定がなくても、不動産会社に騙されたり大切な住宅をビジネスの道具にされない為にも不動産査定サービスを利用して適正価格を把握しておくことをおすすめします。

 

 

広くておしゃれな建売住宅に住み替えしました!

住宅住み替え

地価の高騰のおかげで広々とした建売住宅に住み替えできました。狭小住宅に住んでいたのが夢のような気分です!

狭小住宅を不動産査定サービスのおかげで従来の不動産価値よりも高い査定額を出してもらうことが出来た結果、広々とした建売住宅に住み替えたにも関わらず住宅ローンも少なくなって夢のようです!

 

オリンピックまでに地価は上がっているだろうと言う不動産鑑定士も言われていますが、これ以上地価が上がるかどうかは不明です。

だからこそ地価が高くなっている今の段階で狭小住宅の価格を知っておくことをおすすめします。

 

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。