家が売れてから引っ越しするスピード住み替え法

家が売れてから引っ越し

 

家やマンションなどの不動産を売却する時に、「住みながら売れてから引っ越しをするか?」「空き家にしてから売却するか?」という選択肢で悩む方は多いです。

 

空き家にして売却したほうが売りやすいのは分かるけど、売れてから引っ越しするほうが不要な支出を防ぐことが出来るし二重ローンの負担もなく新しい住まい移れるなどの無駄のない住み替えが一番理想的でもあります。

 

このような家の住み替え、買い替えの売り買いのタイミングは買主のタイミングもあるため思い通りにいかないことも多く有るため、妥協してしまう方がいます。家に住みながら売却することも可能なのですがロスなく進めるためにはポイントが有るのでシッカリと抑えて住替えを成功させてくださいね♪

 

売れないリスクと売れる前に新居を買う等の4つのリスクポイント

 

住み替え先の物件を見つけてから売却を検討している方に多い「新居を先に購入して売却する」時には、売却する物件を空き家にすることが出来ます。購入希望者にいつでも内覧してもらえたり出来るので不動産会社としては話が進めやすいですが、所有者にとってはロスの多い方法でもあります。

 

住み替え元の物件で残債がある場合には二重ローンになってしまう為(※リスク1)、いつ売れるかわからない既存物件を売り急いでしまうなどのケース(※リスク2)も往々にしてあります。

 

既存物件を空き家にしてから、売れやすくするために修繕などを行う必要がある時には更に負担になる(※リスク3)ことが多いので資金計画としてはどうしても不透明な形になってしまいがちです。(※リスク4

 

住み替えローンの対応銀行も限られるので選択肢はどうしても狭くなってしまいます。

 

新居の物件を先に購入してしまうとどうしてもこれらの4つのリスクとは隣り合わせてしまうので、「資金での不安がなく、物件を売り急ぐ心配もない」という方にマッチする方法でもあるので一般的には「家が売れてから引っ越しする」方がリスクを最小に抑えて住み替えすることが出来るので、逸る気持ちも抑えながら住み替えをすることをおすすめします。

 

二重ローンにならない事を優先にする場合の住み替えのポイント

 

新築や中古住宅を購入するにしても二重ローンにならないようにした方が有利になります。

 

納得する物件が売れてしまう可能性もありますが、それ以上に既存物件が売れないリスクのほうが遥かにリスクが大きいので

 

  • 既存物件が売れてから新築戸建ての購入 → 賃貸物件に住む → 新築完成 引っ越し
  • 既存物件が売れてから中古物件の購入 → 新居の中古物件に引っ越し

 

という住み替え手順スタイルのほうがリスクは最小に抑えられます。

 

何よりも既存物件の売却値分の残債が無くなるので新居に掛けられる金額も増えるので狙える物件や新居の広さなどもローンの許容額の所まで狙えることができるので満足する物件に移ることが可能になる点も加点ポイントと言えます。

 

住み替えのサイクルを早くする為の方法

 

二重ローンになるはもちろん抵抗は有るけど、住みたい物件も有るから少しでも早く家を売って新居を購入したいという方に唯一の既存物件を早く・高値で売れる方法があります。

 

その方法が不動産一括査定サイトを利用して全国の約1500社以上の不動産会社に買主をリアルタイムで直ぐに探してもらうという方法になります。不動産一括査定では依頼する不動産会社によって査定額が数百万円単位で変わってくるため、

 

損する売却=売り急いでしまう売却にはならず、最短時間で日本で一番高く買ってくれる人を探してくれるシステムとして早急にあなたの家の買主を探してもらうことが出来るのです。

 

既存物件周辺の地価から、公正な査定額も把握することが出来るので悪徳不動産会社の食い物になる心配もないので安心です。

 

>>日本一高い査定額で日本一早い買い主探しならこちら

 

※売却値が分かるので資金計画も立てやすく計画的に新居に移り住むことが出来ます♪

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。