都心マンションは東京オリンピックの前に売れ!は本当?


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/sell-house.xyz/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

都心のマンション
 

えっ!都心のマンションって今が売り時?なんでなんで!?
 

マンション売却を考えている方は今すぐ動かないと損してしまいますよ。
 
というのも、日本にとっての大きな転換期が2020年以降始まるからです。具体的に見ていきましょう。

 

2020年東京オリンピックを境に何が変わる?

東京オリンピック

 

簡単に言えば、東京オリンピック後、東京の不動産は値下がりする、そのため高く売却をするには価格が高騰している「今」と言うことになります。

 
アベノミクスの影響かどうかは定かではありませんがにわかにオリンピックムードで活気がある日本。
 
ですが、2020年(たった4年後)を境に大きく日本は転換期を迎えます。

まず高齢者が人口の大半を占めるようになり、やがて少子化で日本の人口は減少の一途を辿ります。となるとマンションを購入する世代(30代~40代)自体も現状よりもぐっと減ります。

 

やがてマンションが余るようになってきますよね。そこから一気に土地の値段もマンションの価格も下がってきてしまいます。
 
とは言っても東京スカイツリー周辺エリアは墨田区押上や錦糸町駅周辺では都心へアクセスしやすく、また都心に比べるとこれからの伸び幅に期待できそうです。
 

不動産投資をしている人のほとんどが、「オリンピック前の都内のマンションは株と同じ、賢い方法は早く売り抜けること」と口を揃えて言います。オリンピックまではマンション需要が高まり続けるかもしれませんが、購入している何割かは想定外に資金力がある中国の投資家という話もあるのです。
 

東京五輪の関連施設が出来る場所は特に高く売れる!

好景気
 
これから都心部はファミリー向けは除々に減少していく一方で都心マンションの単身向けは値上がり(伸びて)いきます。
 
ということは、ファミリー向けのマンションは今が損しないで売る絶好の機会です。日本国内の投資家だけではなく、海外の投資家からもかなり注目されるようになりました。東京オリンピック開催決定によって外国人投資家の爆買いが始まるのです。

 
今の時期から定期的に査定をして動向を見ておくのが正しい相場を知る上でも重要です。時期を少しでも見誤ると供給過多になってしまった市場では売れる物も売れなくなってしまいますからね。おそらく売却が下手な不動産業者でも東京オリンピックまでならそこそこの高額売却実績を得ることが出来るでしょう。この時期に売却ができない不動産業者は営業そのものをやめたほうがいいと言われるほどのことなのです。
 

どんな不動産業者でもそこそこの売却実績が出せるなら、実績のある不動産業者に頼めばさらに高額売却が見込めるというわけです。じゃあ、どこの不動産業者に頼めばいいのか、それはあなたが決めることです。比較することが大事になってきますので相場を無料で確認できるサイトをご紹介しておきます。

現時点での相場を確認する→無料です

 

オリンピック前の今の時期に単身用のマンションを購入し、オリンピック開催直1年前に売ると投資面でも意味があるものになるかもしれません。
 
都心マンション暴落という日がいつくるかはわかりませんが備えておくことは重要です。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。