田舎暮らしの物件探しは移住支援の助成金と住みやすさの両立を


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/sell-house.xyz/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

田舎の家

田舎暮らしの物件探しにの時に、今住んでいる物件を売却してから移住しようという方に朗報があります。田舎暮らしを希望する方は地方にとっては宝です。

 

だから移住するだけで田舎暮らしでの物件探しの際には、地域によっては移住支援を受けることが出来たり、お金をもらったりすることが出来るのです。それでは早速詳細を見てみましょう。

 

田舎暮らし希望で移住する時の移住支援のある街まとめ

愛媛県大須市 住宅補助(空き家) 移住・定住促進補助事業 空き家改修補助金 400万円
栃木県宇都宮市 事業支援 UJIターン起業促進補助金 216万円
三重県伊勢市 住宅補助(空き家) 移住促進対策空き家改修支援事業 200万円
山形県尾花沢市 住宅補助(空き家) 宅地主とうとう助成事業(空き家も含む) 200万円
群馬県桐生市 住宅補助(新築) きりゅうくらし応援事業(住宅取得応援助成) 200万円
新潟県新発田市 住宅補助(新築) 住宅取得補助金制度 180万円
福岡県久留米市 事業支援 久留米市移住者創業促進し衛士用費補助金 150万円
茨城県古河市 若年層・子育て支援 企業誘致等に伴う若者・子育て世帯定住促進奨励金 150万円
埼玉県飯能市 住宅補助(新築・リフォーム) 西川材仕様住宅建築補助金 50万円
岡山県岡山市 住宅補助(賃貸・お試し) 民間賃貸物件を活用したお試し住宅支援事業 19万8千円

>>その他にもたくさんありますのでこちらをご参照ください

 

田舎暮らしを推奨している地域ごとに、地域が求めている人材もあります。地方離れが進み地方への誘致作のとしてUJIターン(*1)を狙った若年層の起業家を応援し定住を狙う策から、農業をしたいという方向けの支援など多種多様な補助金や助成金が有るので、実は今の時代起業のチャンスが大きく開けているので上手く活用しているベンチャー企業も増えてきており、

 

都心部での人件費も安く抑えることが出来たり、都心の住宅を売却してから助成金で物件をう購入したり空き家バンクをフルに活用して助成金の枠内で物件を探したりすることも可能なので上手く活用している若者も全国的に増えています。

*1(Uターン現象: 地方から都市へ移住したあと、再び地方へ移住すること。 Jターン現象: 地方から大規模な都市へ移住したあと、地方近くの中規模な都市へ移住すること。 Iターン現象: 地方から都市へ、または都市から地方へ移住すること。参照wiki:UJIターンより引用

田舎暮らしで生活に困ることがないように、就業サポートから住宅支援策なども全国の各自治体にて行われているので移住者がもらえる補助金や助成金に関しては条件は色々ありますがフルに活用したほうが良いです。

 

移住希望者が密かに行っている事がある・・・

 

東京、大阪などの都心部に在住している方は地方での生活はとても都会と比較すると不便に思うことも有るので、まず移住者を対象とした短期的な移住体験なども全国的に行われているんだ。

まずは、現在住んでいる物件などがある場合には自分の不動産の価値を抑えた上で、希望する移住先の助成金などを相談してから手持ちの資金を確保した上で定住なども視野に入れてた方が人生得するよ。わっハッハッハ!

知ってた者勝ちの世の中よ!わっハッハッハ~!!

田舎暮らしなら空き家バンクをフル活用して助成金をもらうのが一番手厚いサポートが得られるチャンスが大きい

田舎への移住者

企業としての移住や起業としての移住などの移住と、純粋な田舎暮らしでの移住では有利に暮らしたいのであればやはり自治体毎に掲げている制度によって有利度が違うので、目的にあった移住先探しには補助金などの問題はセットで考える必要があります。

 

そして空き家バンクを活用したほうが物件を明らかにお得に購入することが出来ながらリフォーム費用の負担も出してもらうことができるので上手く住宅支援制度と空き家バンクを併用することが成功への鍵となってくる。

 

移住しながらお金をもらうことがでいる当道府県や市区町村を選んで住みやすさと、補助金の手厚さも加味して考慮してみて下さいね。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。