瓦を使った屋根の住宅や、ピロティ式の家は地震災害に強いか


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/sell-house.xyz/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

耐震

地震災害の多い最近の日本において、地震災害に強い住宅の建設が課題となっています。家の構造や、使用する住宅建材などを、地震に強いものにしておくことが大切なこととなります。

 

⇒昭和56年以前の家は耐震診断がオススメ!その理由は?

 

瓦の屋根は売り方によって高く売れる

 

たとえば、瓦を使った屋根は、一般的に地震に弱いと言われていますが、最近の瓦は、耐震構造がされたものが多く安心出来ます。近年起きた大きな地震で、家が崩壊した場合は、瓦を使った屋根が原因ではなく、建物の構造に問題があったことが解明されています。

 

日本人が好きな和風の建築には、瓦屋根はなくてはならないものとなります。古くから愛されている日本らしさを重んじる人達は、瓦屋根の家を建築すると有意義で、満足出来ます。

 

売却するときにも、瓦屋根が好きな人達が日本には多くいますので、瓦を使った屋根の住宅は、売り方次第では高く売れることもあります。

 

また、2階以上の建物で、地上部分が柱で壁がなく、1階に駐車場、2階に客席や厨房を設置した飲食店等の設計をピロティ形式と呼んでいますが、こういった建築様式のものが地震に強いことも報告されています。最近の大地震の際には、ピロティ式の家の多くが、比較的少ない被害であったことが確認されています。

こういった造りで、1階を店舗として、2階以上を住まいにしたマンション等も、柱の強度を強くすることで、耐震性の優れた建造物として評価されることになります。

 

自分の家は一体いくらの価値があるのか知っておく

瓦屋根

瓦屋根の住宅や、ピロティ式の家などは、地震の前に査定しておくと安心です。

 

どのくらいの価値があるのかについて、日頃から意識をして住むことで、不動産を保有している意味が深くなります。

査定を一括でしてくれるサイトなどもありますので、高く評価してくれるような不動産業者を知っておくことも大切なことです。

⇒とりあえず自宅を無料査定して家の価値を知ってみる

 

【PR】おすすめ情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。