所有者不明の土地問題の「空き家・空き地問題」が危機的


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/sell-house.xyz/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

諸湯者不明の土地問題

 

空き家が増え続けている現在、所有者不明の土地問題、空き家問題が社会問題化してクローズアップされていますが、現在の時点で全国の土地の所有者不明者率は20%を上回っています。

 

自分の孫の孫の世代の事まで考慮してぜひ自分ごととして参考にしてみてください。

 

日本では不動産登記が任意で義務化されていないので所有者不明の土地や空き家が社会問題化している

所有者不明の空き家

 

日本では驚くことに不動産の登記自体が義務化されているわけではない(任意)なので、江戸時代の所有者のままの土地もあるのが現状です。少子高齢化で団塊世代が60代を迎える現状の日本で今後更に所有者不明の土地や空き家は確実に増えてきます。

 

そのような自体に拍車をかけないために、現状で先々相続人が居ないケースなどの不動産屋土地などは今の把握できている段階で処分しておくこともご自身の財産を守る上でも大事な役割です。

 

  • あなたはご自身のご家庭で所有している土地や山などの詳細な財産についてシッカリと把握できていますか?
  • あなたの名義の不動産は次世代にキチンと土地管理や境界などのことについて後継者に伝えられていますか?
  • 不動産の相続登記を徹底して行う必要があることを伝えていますか?
  • 現在の土地の所有者が死亡しているなどの事はありませか?
  • 登記にお金が掛かるので放置している土地はありませんか?
  • 高齢により、意思疎通の困難な家族が居ませんか?
  • 法定相続人が逆に多くなる可能性はありませんか?

 

相続登記が任意の現状では…

 

相続の際に日本では現状、義務ではない任意の不動産登記をシッカリと後継者が登記する事や、固定資産税の支払いを出来る環境が整っていないと、これらの問題は更に大きな問題になってきます。

後継者が固定資産税を支払うことが出来ないなどの問題があるなら現時点で売却してしまう方が、あなたの家系にもあなたの現金財産上も不安要素が少なくて良いのでしょうないでしょうか?

把握していないと登記簿上での所有者のズレが生じたり、法定相続人が増えるほどに相続放棄や後継者なしなどの事で固定資産税の未徴収などの問題もすでに多々存在してます。

政府も所有者不明の土地や空き家問題などをこれ以上増やさないために、「登記制度・土地所有権のあり方に関する研究会」を発足させて法改正も視野に進められているのでキチンと管理することが義務付けられることになると、未登記の土地を登記する費用なども掛かってきます。

 

所有者不明の土地問題、所有者不明の空き家問題など完璧な解決策がない現状での特効薬となる対応方法なども今後より綿密に検討されることになるかと思いますが、そのようになった時の追徴課税などの問題もあり、いずれにしても放置していて良いことはないことなので今の代で片付けることが出来るものは片付けておきましょう。

 

所有者不明の空き家になると市が売却などをする!あなたの財産を損する前に現金化をオススメします!

 

所有者不明の土地や空き家は現状の対策としては、市として動きを見せている状況が「家事事件特別法」に従い土地と建物が所有権移転の橋渡しをしている自治体もあります。

 

所有者としては、確実に損失があるわけで、生前に売却しておけばその資金で介護や病院李朝費から孫へのお小遣いや現金の贈与などの様々な事ができたハズですが、長年放置されて老朽化した空き家は市によって売却の橋渡しをされていく可能性が高い。

 

現時点で、ある自治体では市の橋渡しにより所有権の移転などが行われているので所有権を移転させられて新たに他の所有者の私物になってしまうことになる。

 

今後どの様に不動産自体も大金に化ける可能性も多々ある現在、空き家問題を逆手に取って儲ける人もいれば、損をする人もいるのが世の常です。あなたは常に前者の儲ける人乗側に居るように是非知識をつけて損失の無いようにまずはご自身のご家庭のことからよくチェックしてみて下さいね。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。