住宅ローンの滞納でローンが残っている家を売るなら競売にかけられる前に!


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/nao3200/sell-house.xyz/public_html/wp-content/plugins/pretty-link/pro/app/models/PlpKeyword.php on line 201

ローン滞納

住宅ローンの滞納が続くと、自動的に競売の手続きが開始されてしまいます。競売になると家がかなり安く売られてしまう可能性が高いので、ローンが残っている家を売るなら競売にかけられる前に売ることが重要です。

 

返済が難しい時の3つの対処法

・借り換えをする

・債務整理をする

・家を売って返済にあてる

という方法があります。

 

住宅ローンの借り換えをする場合・・・いっさい契約違反にはならないということです。金融機関からの信用をいっさい落とさず、ローンの負担を減らせます。

債務整理を検討する場合・・・住宅ローン以外にも借金がたくさんある場合には、債務整理をして大きく負担が減らせる可能性があります。しかし、住宅ローンの返済そのものに困っている場合にはこの方法では解決ができません。

 

最後の手段は・・・

家と電卓

家を売って返済にあてるという方法があります。

まずはいくつかの不動産会社に査定を依頼して、できるだけ正確な査定額を出しましょう。査定額がローン残高よりも高額になったら、家を売ることでローンが完済できるので、問題は解決します

 

⇒住宅ローンが残っていても高く家が売れる方法

 

査定額がローン残高よりも下回っていた場合でも、任意売却という方法をとれば市場価格とほとんど変わらない値段で家を売ることができます。任意売却とは、債権者の同意を得て抵当権を解除してから家を売りに出す方法です。一定のデメリットはあるものの、競売になるよりはメリットが大きい方法であると言われています。

 

ローンが残っている家を売るときには、不動産会社選びが重要になるでしょう。自宅を売ってローン地獄から解放されるためのポイントの1つは、できるだけ家を高く売ってくれる不動産会社を見つけることにあります。

 

【PR】おすすめ情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。