木造、鉄骨、RCメリットを活かして高値で売却する方法

工法

木造、鉄骨、RCそれぞれ売却となるとメリット・デメリットがありますが買い手のニーズがどれもあるものだと認識し相場を知ることが大切。

不動産売却という観点から見てどういうニースがあるのかをまとめてみました。

 

木造、鉄骨、RCそれぞれの違いは?

 

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

木造住宅

日本で一般的な工法です。古くから日本の風土に合っているということ、また解体等の際にコストが他のどの工法よりも安価で抑えられるというメリットも併せ持っています。

鉄骨

軽量鉄骨…厚さが6mm未満の鋼材で鉄板を曲げて作ったものです。大手ハウスメーカーが多く採用している方法。地盤に大きな問題がなく間口がそれほど広くない場合に多く用いられます。

重量鉄骨…厚さが6mm以上の鋼材を使用。地盤が非常に固く耐地力がある場合、重量鉄骨が採用される場合がありますが施工できるメーカーや工務店はは限られます。3階建ての建物に耐震性があるのも特徴。

RC

鉄材とコンクリートの併用のため非常に耐久性耐震性に優れている。法定耐用年数は47年程度と木造や鉄骨よりも長い

 

買い手はメリットに惹かれて購入します。RCだから売れにくい物件だとか、木造だから売れにくいという事ではありません。その価値を買い手がわかってくれるとスムーズに取引ができます。

最近では一般の住宅でも木造住宅では無い工法で建てているケースも少なくなく、今後将来的にはもっと工法によって売買の幅も広がる可能性があります。

 

古い木造住宅でも意外な値段がついて売り主大喜び!その理由は?

 

古民家再生

最近ではリノベーションをして全く新しくておしゃれな家にするというブームが巻き起こっています。新しいのよりむしろ使い込んだ感じが好き!なんてニーズも確率されているくらいなので

「古いから」というだけで売れないと思っているのはあなただけかもしれません。他の人からしたら宝に見えるなんてことも!

 

古民家ブームや町家カフェブームなどどれをとっても築何十年の物件をうまく使っているのです。

 

売るタイミングはやはり自分ではなかなかわからない

そんな方のためにあるのが不動産一括査定サイト

不動産売却人気NO1

 

一括査定サイトで相場を知るメリット!それは

これくらいで売れればいいなぁという理想(もしかしたら妄想)から具体的な話ができるところまで現実身が出て来ると言うこと。

  • 比較できるという事
  • 相場がわかるという点
  • 無駄な労力を使わず無料で査定ができること
  • 悪徳な不動産業者がいないこと

これが不動産売却一括見積査定を使う最大のメリットです。嫌ですよね。自分から見積もりを依頼しておいて「なんだか違うと思って断りたい」でも自分から門を叩いたから引き下がれない。

こんなこともこういうサイトを使えば心配いりません。とても良心的です。

コメントは受け付けていません。