マンションの大規模修繕費と積立金不足で資産価値に格差が?

大規模修繕費

 

マンションの大規模修繕は「寝耳に水」ではなく通常10年~15年の一定周期で行われるため、中古マンション購入してすぐに大規模修繕などがあったりする問題も多いようです。

 

マンションの修繕自体は長期修繕計画に沿って行われますが、外壁の修繕などが含まれる場合には長期の修繕ケースが多く、仮設足場・ゴンドラ設置や施工期間の長期化などの影響により修繕費負担が重くなりがちです。

 

今回はこの様な大規模修繕を機にマンションの売却も検討しようかな?中古マンションを購入したけど修繕費用の負担が重たいので困っているという方も参考にしてみてください。

 

いつかは来ると思っていた大規模修繕で将来的に不安がある時の戦術

 

マンションにお住まいの場合には必ず一定のスパンで行われる大規模修繕ですが、一回目の修繕なら積立費用内で行われるケースが多いですが、二回目以降になってくるとまず積立金だけでは賄い切れないケースが多いです。

 

これにより今後の修繕も含めて将来に不安を感じるのであればマンションに住むという選択肢を諦めるのも良いかもしれません。「マンション住み=大規模修繕」は常に付き合っていかなければならない問題で、一戸建の修繕とは違い自分の意見だけで決めることが出来ない所が最も問題でもあります。

 

この様な「第三者的要因」に振り回されたくない思惑の方が強いのであればマンションの査定なども行い、念の為の下準備をしておくのは賢い戦術と言えそうです。なんと言っても大規模修繕は常に一定周期で行われるか、マンションの状態によっては撤去も有るので将来も考慮した選択肢が必要となります。

 

修繕費の見積もりの甘さが招く住人への修繕費負担

 

マンションの住人は常に大規模修繕に備えての積立は有るはずですが、大規模修繕の積立から不足が出てしまったらマンションの管理組合のフォローなどによりマンションローンに上乗せしてローンを組むという選択肢もあります。

 

いずれにしてもマンション自体が管理会社や管理組合が有りますが、修繕の際の費用の一部は当然管理組合(管理会社)の売上でもあり管理会社の裁量次第で、積立金の額が少ないケースなどは特に修繕金の不足でマンション住人の急な出費が必要になってくるケースも有るのです。

 

マンションを販売する際のデベロッパーの思惑としては、購入の際のローンを軽減できる方法でも有るのですが、その思惑と現実との相違の責任は結果的に住人が負担する形になるので管理会社に任せておけばすべて問題ないという事自体が有り得ないことなのです。

 

中古マンションを購入すると修繕費の積み立て費用も引き継ぐ事に

 

中古マンションを購入して修繕が行われる場合では、修繕の際の積立金は前所有者からの引き継ぎとなります。積立金からの不足分は現所有者が支払いをしなければなりません。

 

購入の際に修繕費の積立が有ることも聞いているから安心していた方も多いんですが、修繕費の積み立て費用は少ないので不足分が生じてくるのです。そして多くの住人が修繕積立金内で修繕をすれば良いという判断で、中途半端な修繕をしてしまうことで大規模修繕のスパンにずれが生じる結果になり部分劣化などの問題が生じてくるのです。

 

マンション販売時には100年以上は十分に持つマンションと言われて購入するのですがマンションの価値自体もタイミングを見逃せば後は下降の一途を辿るだけです。これらの問題も含めて中古マンションの物件購入や修繕の際には抑えておきたいポイントになってきます。

 

修繕タイミングで売却検討するな方が積立金が有るから資産価値が上がる

 

大規模修繕を行うタイミングで売却を検討する方も多いのですが、マンションの売りどきとしては積立金は次の所有者に引き継ぐことになるので資産価値としてもプラスアルファになります。

 

大規模修繕をして積立金がない状態で売却するのと、大規模修繕前で積立金がない場合には売却するのとではどちらが資産価値が高くなるのか?と言う部分はそのマンション次第なので分からない、というのが現実です。修繕前の方が高いかもしれないし、修繕後のほうが高いかもしれないけど修繕費用の負担金を含めると結果変わらないということもあります。

 

従ってマンションの売り時タイミングは難しいですが、一番間違いないことは築年数が少ない方が高い評価になり、今日はあなたの人生の中で一番マンションの築年数が若い日でもあります。

 

この一瞬一瞬を大事にして生活の中での基盤になる住宅問題には率先して取り組んでみるほうが全てにおいて有利に行動することが出来るので自身のマンション最高値を知っておいても悪いことは何もありませんよ。

 

【業者からの鬼電心配不要】マンションの無料一括査定ならこちら

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。