欠陥住宅でも売却できるの?

雨漏り住宅

欠陥住宅でも売却できるの?

欠陥住宅の悩みでもう売却したい!と考える人もいるでしょう。でも欠陥住宅と分かっていながら売却することは出来るのでしょうか。

 

その欠陥がいつできたのか、どの程度なのかにもよりますが、安全性に関係するようなほどのことであれば欠陥住宅として住宅メーカーなどに改修や損害賠償などの法的義務を訴えることができます。

 

こんな状態が欠陥住宅と言います

1.雨漏り

屋根の仕上げ材から雨水が侵入してもその下にある防水層で止まるまずです。それなのに水が漏れてくるということは防水層の重ね合わせが少ないか、穴が開いている事が考えられます。材料をケチるために重ね合わせが不十分の場合もあります。

2.床の傾斜

床の傾く原因の一つとして床の下地材や根太などに問題があることが多いようです。例えば築年数がそれなりに経っている中古住宅の場合であれば、それらが劣化して部分的に凹んでいることがあるのです。また、そもそも新築するときに水平・垂直の制度を高めることを考慮せずに施工してしまっている場合や、地盤が柔らかいのに予算的な関係で通常の布基礎で施工する場合もあるのです。

3.床がへこんだ

一部の基礎が沈下していることが原因です。地盤の締めが不十分だとそこだけ沈下して床がへこんでしまう事があります。

4.結露が起きた

断熱材が入っているのに結露が起こるということはどこかに隙間があると考えられます。断熱材は隙間なく貼っていかないと温度が伝わってしまい意味がありません。

5.排水が詰まる

工事中のカスが入っていることが考えられます。工事中にモルタルカスや廃材などが排水管に入ってしまっていることが多いようです。

 

欠陥住宅であっても売却はできる

 

購入したときから欠陥がある場合だけではなく、シロアリ被害などで欠陥になるケースもあります。

どんなに立派な家でも古くなればどこかしらの補修が必要になってくるものです。中には人の健康に危害を及ぼす場合もあります。自分で責任を負うのであれば問題はありませんが、売却するとなると話は別です。

 

このような問題のある物件でも、買い手がいれば売却は可能なのです。問題が合ってもその分安ければ良いと言う人も中にはいるのです。

 

チェック

欠陥が改修されない状態で購入するわけですから、それ相当の値引きをし、欠陥住宅に住むことについての慰謝料的な値引きとなるのです。売り主としてはできるだけ高く売りたいと思うと思いますが、欠陥住宅を隠して売ってしまうと後から大問題になる可能性もありますので注意してください。

 

 

複数の業者から見積を依頼しよう

 

より高い金額で売却をしようとすると、見積もりをして比較検討することが必須になります。

一件一件訪問して見積もりを取ることも可能ですが、それでは時間と手間がかかってしまいます。ひとつのおすすめの方法としてインターネットで不動産売買の一括見積査定ができるサイトが有ります。

 

これなら一度に最大6社と比較することができますし、厳選された不動産企業だから安心して依頼することができます。悪徳業者は排除しているのが魅力ですよね。ぜひ欠陥住宅だから売れないでしょ、と思っている人も、欠陥だからこそ安く変えると思い、購入したい人もいるかもしれません。一度、一括見積を試してみてくださいね。

 

不動産一括見積

無料一括見積もりの詳細はコチラ

 

コメントは受け付けていません。