離婚準備で有利にする為のお金・貯金・不動産分与のコツ

離婚準備

 

離婚の際には「損する離婚」と「得する離婚」があり、男性女性問わず、専業主婦も問わずに財産分与の際に知っておくべき大事なことがあります。

 

  • 別居後に築いた財産は分与の対象外となる
  • 専業主婦でも財産分与は婚姻中に夫婦間で築いた物なので共有財産となる
  • 離婚の際の財産分与の対象は、貯金やお金・不動産・有価証券・自動車・家財道具なども対象に

 

結論を先に言うと、離婚の際の財産分与は知恵の差が財産分与の差となるのです。

 

離婚準備を進める時に損しない財産分与にする為の具体的な方法が・・・

 

旦那、又は妻に対して有利な条件を無理やり自分のモノにしようとしないことがまず大事です。

 

離婚にある程度の犠牲は付き物だけど?

 

離婚は云わば、お互いの納得の行く所での精算でもあり、捨てるという犠牲を払う部分も確実に必要なケースが必ずでてきますが、離婚となると骨肉の争いに発展するケースがありますが、お互いに納得の行く所で一線を引くほうが平行線で解決の糸口に繋がらない話が続いてしまうだけだよ。

そして離婚に際して、別居状態にあった時にはその時の財産は取ることが出来ないので、有利に進めたいのであればこのタイミングで有価証券であったり、投資物件や貯金などの部分もある程度把握して、動かせるものは動かしつつ隠し口座に預貯金を預け入れしていたり、貴金属に変えて隠してしまえば離婚裁判でも、認めなければわからないという現実もある。

これらの事を踏まえて、やはり離婚とは「知恵の差」で財産の大小が決まってしまうので打つべき策は早急に打ち、犠牲を払う所は払うという離婚という名のコストと知恵が大事なことになるのだよ。

 

だから専業主婦だから財産分与がないなどのこともありませんし、貯金にしても旦那さんが働いたものであっても夫婦で貯めた財産となるので二人の財産分与での分前になるのです。

 

打つべき所は賢く動き、自分を守ろうとしすぎて無理に取り上げようとして墓穴を掘るような事にならないような立ち振舞や対応が大事です。何と言っても、一度は婚姻関係まで発展している仲なので最後はある程度お互いの譲歩も必要です。

 

すべてが自分のおかげと思ってしまうほどの傲慢になってしまうと不利になってしまうことも多いので全体を把握して少しでも損失を少なく出来るようにすることが一番の解決策となります。

 

離婚の準備段階で住宅のローンが残っている方はこちらの「離婚したいけど住宅ローンってどうなる?」も参考にしてみてください。

 

隠し口座を作り隠し財産を作ることは以外にも有効

隠し口座

 

隠し口座は離婚準備の際には有利に事を進めるのに実はすごく有効な手段です。

 

 

妻や旦那にバレないように隠し口座を作っておくことで熟年離婚などの熟年夫婦の離婚などの際にも有効な対策になります。そして別居してしまえばその間の財産もまた財産分与の対象外になるので、有利に離婚の準備を進めたいのであればこの辺りも入念に計画の中に入れておきたいところです。

 

そして何よりもムダなエネルギーを使うことが多くなる離婚問題なので、捨てるべき点は切り捨てて、守るべきものは守りながら財産をあなたの思うようになるようにこじらせないように知恵を尽くして対応してみて下さいね。

 

別居した時が家の売却などの見積もりをして売却検討することが吉となる!

 

別居になった段階から築いた財産については財産の分与の対象外ということは把握できたと思いますが、その別境になった段階で受託なども売却することが出来るものは売却検討も視野に入れ、「離婚で不動産の一括査定」なども活用してから、隠し口座を活用する。

 

そして、パートナーに分からないように財産分与の際に有利に事をすすめることが出来る準備を進めていきましょう。

 

とにかく離婚の準備で勝敗が決まると行っても過言ではなく、現実的に賢く準備したものが有利になります。そして何も考えずにいるだけなら本来貰えるはずの財産や預貯金から不動産までも自分には取り入れることが出来ない代物になりかねなのでキッチリ考えてみて下さいね。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。