老後資金はいくら必要か?下流老人にならない為には5000万必要?!

老後資金いくら必要

老後資金は現状の生活レベルにもよりますが、3500万円~5000万円の貯蓄があれば年金の支給額が目減りしても問題なく普通の生活をおくることが出来るレベルの老後資金です。

 

月に15万円生活老後65歳~85歳までの人生設計を立てているなら3600万円、月に20万円の生活で老後65歳~85歳までの人生設計で4800万円の老後資金が必要になってきます。

 

現状の社会保障制度での年金支給年齢の引き上げなども現状でも話に出ていますが、実質将来的には70歳まで現役で働くということになるかと思いますが、現状の団塊世代の方々の老後資金は年金を含めずに考慮しても3000万円~5000万円程度の資金があれば、老後貧乏になること無く生活することが出来るので一つの目安にしてみてください。

 

老後資金3000万円もないけどどうすれば良い?

老後資金の下限となる3000万円を満たない時の資金捻出方法

老後資金が不足していると思うなら、まず冷静に現状自分が持っている財産を上手く精算して自分の老後資金に上手に活用している人が居るをご存知でしょうか?

長男は実家に帰らないご家庭が増えてきて、空き家問題などが取り沙汰されていますが、あなたの自宅は将来的に空き家になる事はありませんか?空き家になってしまう可能性が有るのであれば、空き家問題で古い家の価値が高くなっている今の段階で売却検討してみるのも良いかもしれません。

あなたが思っている以上の価値があるなら、売却検討も視野に入りませんか?査定自体もネット社会なので全国の不動産を60秒で無料査定してもらうことが出来ます。まずはご自身の不動産の価値を知って老後資金に当てる選択肢も考慮してみるのも良いかもしれませんよ。

>>イエウールイエウール不動産の一括査定のご案内はこちらから

 

老後資金での不安があるのであれば、不動産価値が高沸している今の段階で「無料で価値を知ることが出来るので」活用しない手はないので、快適な老後生活をおくる手段の一つとして「下流老人にならない為にも」自分の資産をシッカリと把握しておくことは大事なことなので上手く活用してみて下さいね。

 

老後に絶対必要な医療費や介護費用に関して

 

下流老人ならない為のもう一つの資金計画が、老後の医療費《300万円程度/一人》や介護費用《500万円程度/一人》、そして葬儀の費用《300万円程度》なども含めるとやはり余分に見て3000万円程度の資金を持っておいたほうが資金の心配をしながら生活をしなくても良いです。

 

これらの老後の必要経費とみなす生活の中における、お金問題でいずれにしても不足してくる時には持ち家の売却などを考慮する方が一般的です。誰にも迷惑をかけることもなく、自分の老後を家族や子供達に負担を追わせずにやり繰りするための手段として持ち家を売却して老後資金に充当させる方が多くいます。

 

長男が実家を継ぐという伝統が今無くなりつつある中、

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。