競売の流れと立ち退きになる前に知っておきたい競売回避方法

競売物件の立ち退き

住宅ローンを支払うことができなくなってしまうと、銀行からの住宅ローン滞納通知書などの督促状、催告状が届き滞納を3ヶ月から6ヶ月継続してしまうと一般的に分割払いの権利を自動的に損失してしまい代位弁済による返済になります。

 

要するに、住宅ローンの分割返済の権利がなくなる「期限の損失」により保証会社が銀行から一括返済を要求されるので、債務者は保証会社から一括返済を求められますが、当然分割支払をすることが出来ないのに一括支払いを出来るわけがありませんので任意で売却して返済することになります。

 

そして担保になっている物件や土地が法的手続きにより「競売」にかけられます。

 

任意売却や競売などは売却するにしても相場価値よりも低く売却されます。通常は残債をペイできる金額に設定される事が多いですが、いずれにしても住宅ローンを支払いすることができなくなってしまったのであれば少しでも早い段階で不動産を時価相場で売却した方が得策です。

 

住宅ローンの支払いができない時には辛い決断だけど早い方が後から楽になる!

 

住宅ローンが支払いできなくなったら辛い決断ですが、あなたの不動産価値を査定してもらうことをオススメします。競売や任意売却などの強制的に売却せざる負えない状況になってしまうとどうしても叩き売りの金額のみの売却になってしまいます。

 

だからこそ、あなた所有の不動産の価値をシッカリと把握して売却したくないと言っても、強制的に競売になってしまう可能性すらある状況なのであれば少しでも早い段階で不動産売却したほうが、自己破産などをしなくても済む可能性もあります。

 

競売などの形で売却されてしまうと競売物件として申請されてから落札されるまでの期間もあるので長期戦になり、その間精神的に大きなダメージを受ける方が多いので出来る限り法的手続きに進む前にあなた自身でできる範囲のことをしておきましょう。

 

競売になる前に日本一の不動産売却値を引き出すことが出来る一括査定で自己破産を回避

 

※競売や任意売却の売却値は通常の不動産売却値よりも2割程度安くなりますのでご注意下さい。早期判断があなたの命運を分ける形になります。

 

競売しても任意売却しても自己破産しない限り住宅ローンは残ります!

自己破産ストレス

残念ながら競売や任意売却を行ったとしても自己破産をしない限りは住宅ローンは消えることはないので、継続的に競売などによる売却金額の差額に対して支払い義務が生じてきます。

 

強制的に進められる競売や、金融機関等交渉しながら売却していく任意売却などよりも最初から売却を検討して見るほうが確実に良いです。

 

大丈夫だろう、なんとかなるだろう。

と、誰もな思い自宅を競売にかけられたり自己破産をしたりする羽目になっています。

 

住宅ローンは継続的に支払いをすることができなくなってきたタイミングで「不動産の一括査定」と「自動車の一括査定」を利用して丸裸になってしまう前に、手持ちの資産を売却することで免れることが出来ることであればそのほうが余程良いです。

 

それでもし仮に残債が出来たとしても少額になるので毎月の支払い自体は少なくすることが出来るので結果的に自由になるまでの期間も早く、経済的な自由が奪われる自己破産などよりも確実にメリットが出るので試してみる価値は確実にアリです!

 

慎重に検討しながら迅速に対応することが今のあなたに強いられている問題なのでシビアに考え直してみたほうが良い結果を生むことは間違いないですよ。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。