税金が高かったり相続税払えない場合には親の家を売却することも

税金支払えない

家屋や宅地、田畑などの不動産を所有していると、毎年必ず固定資産税を課せられます。
この固定資産税はその不動産の評価額によって課税されますので、宅地や家屋といった評価額が高く設定されている不動産に対する税金は高くなります。

 

無駄な固定資産税を払いたくない

 

もし相続が発生し、親の家を所得したところで、固定資産税などを払ってまで維持する意味がない場合があります。
また、取得時に当該不動産の価格によっては相続税を支払う必要も出てきます。

 

毎年の固定資産税を支払ってまで家を維持したくない場合や相続税払えない場合には引き継いだ親の家を売却して換価により相続することを考えたほうがよいでしょう。

 

その際、親の家ともなりますと新築時からある程度年数が経過しています。家は誰も住まなくなるとすぐ痛んでしまうものなのです。
場所によってはシロアリなどの被害を受けてしまう可能性もありますので、シロアリ等の被害を受ける前に売却することが重要となります。
もしシロアリの被害を受けてしまうと家屋を売却できずに、逆に解体しなければならなくなる可能性もあるのです。

⇒シロアリ被害のある家でも高く売れる秘密

 

無事家を売る 税金(毎年の固定資産税)が課せられなくなります。ただし、相続税については換価しても課せられる場合(相続税の基礎控除額を超えた部分に対して)がありますし、一旦相続してから家を売る 税金(一時所得)として税金が課せられることがあります。

市場相場を知り賢く取引する

住宅査定

なお、不動産の売値については固定資産税の評価額がそのまま採用されるわけではなく、不動産屋などの業者が値段を決定します。

 

無料査定も可能です。不動産業者に家を見せなくても売値を知れることは可能となっています。

もちろん相続する物件ですので、相続人全員の合意が必要となります。

⇒とりあえず家の相場を知りたい

 

【PR】おすすめ情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。