農地売りたい!賢い農地転用のススメ

田舎のたんぼ

田んぼはじいちゃんの代で終わった。

使ってない田んぼや畑、農地を田舎で遊ばせていたり、今後農地として使う予定がないのにそのままにしてしまっている。

田んぼを遊ばせてるという方、多いのではないでしょうか?

 

「だって、農地はいろいろと面倒なんでしょ?」

「農地から宅地にするのも、農地を農地のまま売るのもどちらにしろ大変なんでしょ?」

「地元で兼業農家している知り合いに託して米を代わりに作ってもらってるからつい甘えてて」

 

 

農地を売る。何が面倒でどうしたら売れるのか?どこで売るのがいいのか?そんな問題を1つ1つクリアにしていきます。

農地を売買する方法って?自分で簡単にできる?

農地転用を自分で

農地は宅地と違い、昔から人々が自給自足をするために大切にされてきた土地。という考え方があります。

従って通常の土地を売買する時とは違い制限があるのです。

 

勝手に売ってしまうと農地法違反になるのでその仕組みを知っておくと後々売却もスムーズにできます。

農地を農地のまま売却する場合は、相手が農業に携わっていること、農業以外の目的に使用することはできないというルールがあります。

 

チェック農地転用の許可がおりない時って?

  • 農用地区域内または集団的農地内にあるもの(簡単に言えば、市町村が長期に渡って農業用の土地として確保すべきと定めている土地の事で市役所で確認ができる)
  • 転用資金がない場合(転用にはそれなりの資金がかかります)
  • 周辺の農地や用水に重大な支障を及ぼす恐れがある時
  • 家を建てる計画が具体化していない場合
  • 過去に農地法を違反した者

その他、財務省や銀行などの抵当権が設定されている場合や、農地を貸している場合は同意を得る必要があります。

申請は自分でも可能ですが、不動産仲介業者や行政書士に依頼して行なってもらうのが一般的です。

 

なぜなら農地転用に慣れた不動産業者に代行してもらうことで宅地転用の許可がスムーズにいくからです。

素人がやるのとでは全く確率が違います。

農地転用の経験があるかどうかをしっかり確認した上で複数の不動産会社に査定依頼をします。ここは経験がモノを言うのでしっかり確認しておきましょう。

 

→うちの田んぼっていくらすんの?無料査定はこちら

農地転用手続きの流れ

 

農地転用

 

必要な書類を全て揃え提出する必要があります。

申請書類↓

登記簿謄本 法務局で交付
土地の位置図 市役所及び農業振興地域区域図等の図に申請地を示す
銀行の残高証明書・融資証明書 転用資金があることを確認するために必要
土地改良区意見書 土地改良区へ転用決済金を支払うと発行される書類
委任状 不動産仲介業者や行政書士に依頼する場合必要
住民票 市町村役場で交付

 

チェック

自分で申請を行う場合、書類代のみで1万円程度かかります。しかし実際は農業委員会を初め役所関係を回ることになるので平日に十分が時間が取れない場合はプロに任せましょう。

    専門家に依頼した場合、届け出が5~6万、許可申請が8~12万円が相場になります。金額に幅があるのは、申請条件によって金額が異なるからです。

農地転用の費用は売り主?買い主?

自宅売却の悩み

 

 

農地転用の費用はどちらが負担しなければいけないという法律上の規定はありません。

仲介業者に依頼した場合、購入条件として転用費用を買い主負担にしてもらうことも可能です。

転用費用は売り主が負担することの方が物件的に言えば売れやすいのは言うまでもありません。

 

土地の売買で得たお金は確定申告が必要

農地転用の確定申告

 

譲渡所得として確定申告を行う必要があります。

譲渡所得=譲渡による収入ー(取得価格+譲渡費用+その他の控除)

※土地購入の際にかかった費用→取得費・売却するのにかかった費用→譲渡費用

農地を転用して売却した時の転用費用は、売買契約を成立させるために要した費用になるので譲渡費用になります。

 

チェック

まとめ

 

農地転用をするのは平日市役所等に相談に行ける比較的時間に余裕がある人。

農地転用に関する十分な費用がある人。

農地転用したい農地が転用できる条件にあてはまった土地であること。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。