住みながら家を売るのと空き家にして売るのどっちがいい?

住みながら売るVS空き家にして売る

どちらかというと「空き家」のほうが売りやすい傾向があるようです。どちらにしても売れることは売れますが、空き家のほうが成約率がかなり高いという情報が聞けました。

 
家に住みながら売る最大のデメリットは、「アポが取りにくい」ということです。家が空き家であれば自分の都合が悪くても不動産屋に鍵を預けておけばいつでも見学者を招くことが出来ます。

 
しかも、家に住んでいるのですから当然家具や家電があります。その為空き家と比べると、家具や家電のせいで部屋が狭く見えてしまうのです。そしてどうしても隠せない生活感も感じやすいでしょう。独特の臭いや設備の使い方の癖によって見学者に嫌がられる可能性もあります。

 
そして見学をするのが遠慮がちになってしまう「クローゼットやお風呂やトイレ」なども見学者側からするとなかなかじっくり見ることができない部分かと思います。

 
おそらく物件を検討している人は、キレイなモデルルームも見ているはずですので、生活感満載の家の中を見るということはデメリットになりやすいということです。

 
そして空き家にしてしまうと、家は痛みやすくなります。家というのは人が住むことによって空気が入れ替わり温度や湿度が適切に保たれるからです。
空き家はどうしても湿気が多くなったり、乾燥しすぎたり、障子や壁紙にカビが生えたりと何かと傷んでしまいます。また水回りも使わないと水道管が錆びてしまうこともあります。錆びると売却価格も下がってしまいますので注意が必要です。

 

ポイントですから空き家にする期間というのは、最小限に短くすることがオススメです。

 

空き家にしている間は、頻繁に家を見に行き、換気をしたり水道を使ったりとしておくと、家の価値を下げずに済みますので、できるだけ高く買い取ってもらえるように努力も必要です。

 

どうしても住みながら売りたいという場合

家族
空き家にしたほうがいいと言うことは分かっていても、「売れるまでの家のお金を工面することが難しい」という場合がありますよね。空き家にするということはもう一つの住宅コストが掛かるということなんですから。ですから出来る限り今の家に住みながら売りたいというのが本音ではないでしょうか。
 
見学者が来るたびに家を開けたり、気を使ったりとしなくてはいけませんが、基本的には今まで通りの生活をおくることが出来ます。

 
見学者が来た時にいちばん大切なことは、「生活感を感じさせない」ということです。

 
生活感というのは、物をなくして片付けをするということではありません。見学時には家族は外出させておく必要があります。特に子供がいるとどうしても生活感が出てしまい見学者がイメージしにくいからです。わざとらしく、ダンボールを部屋に置いておくのもいいですね。部屋全体の片付けをする時間がない場合は、最低でも玄関とリビングぐらいは生活感をなくすように物を少なくしておくといですよ。

 

⇒少しでも家の価値を高くするために必要なこと

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。