家を売って買い替えなら売るのが先?買うのが先?戸建売却

売主希望価格

なんらかの事情で、家を売って買い替えをしようと考えている人は、売るのが先?買うのが先?ということで悩むと思います。

先に家を購入することには、引越しまでのタイムラグをなくせるというメリットがあります。先に売ってしまって、すぐに次に住む家が見つからなかったら一時的に住む場所を確保するための費用がかかります。

売ることを優先するほうがおすすめ

 

家を売る方法としては、不動産会社に買取してもらう方法と、仲介してもらう方法があります。

 

買取をしてもらうとすぐに現金を手に入れることができますが、家が2割から3割くらい安く売れてしまうというデメリットがあります。そのため、多くの場合仲介してもらって買主を探すことになります。しかし、買主はすぐに見つかるとは限らず、すぐに見つけようとすればするほど、売却価格を下げなければなりません。

 

このように、時間的な制限がある場合には条件面で妥協しなければならなくなるため、売ることを優先して時間をかけて妥協をしない金額で売ることがおすすめになります。

家の価格は高額になるので、例えば3千万円の家を1割安く売ってしまうと300万円もの損になります。たっぷり時間をかけて少しでも高く売る方法をとりましょう。

 

すぐにできるネット一括査定

インターネット査定

家を売って買い替えを考えたとき、家を1円でも高く売るためにはできるだけたくさんの不動産会社に査定をしてもらうことが重要です。

 

しかし、自力で業者を回るのは損です。無駄なく腕のいい不動産業者を見つける方法は、インターネットの一括査定などを利用することです。自宅にいながら不動産会社に査定をしてもらうことができます。訪問査定では実際に家を訪問してもらわなければなりませんので、3社か4社くらいに絞って依頼をしましょう。

⇒完全無料査定!ネットで一括査定してみる

【PR】おすすめ情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。