古民家再生協会プロジェクトで物件に付加価値をつける方法

古民家再生

一般社団法人全国古民家再生協会が古民家の活用の為の物件のリノベーション、リフォームなどの補助金なども利用することが出来る地域もあります。

 

古民家を活用した事業や古民家物件への移住などに関しては、当サイト内の「田舎暮らしの物件探しは移住支援の助成金と住みやすさの両立を」も参考になるかと思いますのでチェックしてみてください。

 

そして今回の本題の「古民家再生協会のプロジェクト」に関しては各地で伝統的な古民家を活かし続けるために再生の為の改修に全国的に脚光が浴びています。

 

これを好機として、

  • 古民家や空き家をリフォーム・リノベーションして売却する
  • 古民家や空き家の価値が高沸してきている今の段階で売却する
  • 古民家プロジェクトを利用して事業を始める

 

などの選択肢を持って、世間で話題になっている空き家問題を上手に解決している方々がひそかに脚光を浴びています。「空き家をデメリットとせずに好機として捉えるだけでも選択肢は一気に広がります。

 

あなたの古民家や空き家なども、あなたからすれば「名残惜しい気持ちもあるけど実質の空き家」でも視点を変えてみれば都内から事業展開してくる企業なども多く、古民家を改修し「古民家カフェ」や「古民家の民宿・宿泊」「古民家の賃貸」などでマイナスだと思っていた物件をプラスの物件に変える事に成功している方が多くいますがそれらの人には全て共通点があったのです。

 

古民家に付加価値を何もせずにつけることが出来た共通の方法

古民家に付加価値を付ける方法

古民家ブームでもあり、空き家ブームでもあるので両者は紙一重の違いでもであります。

 

物件の価値を上げる秘密の方法

 

そして古民家ブームを上手く活用している方々の共通点が、地域活性化として古民家が注目されているという点を活かしつつ、古民家の再生には経験豊富な建築士が必要になってくるのでリフォームなどに関しては高値の相場になり兼ねない。

リフォームの際に地元地域の木材を使用したりする点で「人的資源と物的資源」の両方が必要になるが経済効果が高いという点を逆手に取り、リノベーション向け住宅として売却して物件の価値を最大限まで引き出して売却しているのですよ。

要するに、古民家のブランド化を図り差別化を行った形での売却意向を持って話をするということです。

 

衆議院総選挙リノベーション向け住宅として古民家に付加価値を付けて売る際の2ステップ目

 

結局のところ、知っている人だけが得する世界が不動産の世界で、まさに弱肉強食の世界です。

 

地方創生の自治体の思惑を活用するべし!!

 

そしてその付加価値をつける見せ方をすることが出来るリノベーション向け物件としての売却の意向を不動産会社へ伝えることに加えて、古民家の保存をしたい自治体の狙いや地方創生などの自治体の思惑などもプラス要因になります。

人件費や物件費用などを首都圏よりも古民家をリノベしてオシャレな環境でネットさえつながって入れば仕事ができるIT企業などが活発化しているので、古民家+インターネットの環境が有る地域などは特に有利に話を進めることが出来ます。

そして、古民家での民泊のような宿泊型施設に積極的に再生している企業も多いので実は古民家は非常に価値のある物件なのです。不動産会社に言いくるめられて安値で手放すことがないようにして下さいね。

 

不動産会社との交渉の際には、

 

  1. リノベーション向けの古民家というブランド化で付加価値に見える部分を全面に出し差別化を計る
  2. ネット環境が整っているので、事業としての場所としても活用することが出来る
  3. 不動産会社は自分で選ばずに、不動産会社に選ばせる

 

交渉の際には、この3点に注力することが大事で何よりも不動産会社へ自分から何社も足を運んで、不動産の査定額を出してもらっても良い勝ちをだしてくれることは残念ながらありません。

 

そのような時におすすめになってくるのが、「不動産会社にあなたの物件を選ばせることが出来る一括不動産査定と言う方法」です。

 

一括査定の良い点が、査定依頼をネットで申し込みしておくと全国の不動産会社で査定を出してもらうことが出来るので、まさに不動産会社に物件を選ばせることが出来る日本で唯一不動産を売却する上で所有者に有利な条件にならざる負えない状況を作ることが出来る方法になります。

 

イエウール有利な条件にならざる負えない不動産の一括査定選びならこちら

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。