古民家に価値がつく時代に1円でも高く売れる方法

古い家

古民家が売れる!立地も多少は影響するかもしれませんが、↑のような邸宅なら○千万円!という値がつくことも珍しくありません。

田舎に住んでいる者は都会への憧れを抱き、都会で生まれ育った者は田舎に憧れを抱く。

 

人は無いものねだりをする。とは言いますが、古民家がブームになったのもここ数年の話。

せっかくなら売れる古民家を目指しませんか?

そもそも古民家って?

古民家の定義

田舎に住んでいる者にとっては古民家に何の価値も見いだせない「ただの古い家」という考え方に陥りがちです。

 

チェック

古民家の定義は?

建てられて50年以上経った木造建築の家屋の事。

戦前に建てられた木造家屋は取引の価値も高いとされている。

 

 

チェック

古民家はどんな人が買う?

  • 都会から移住をする人
  • 古民家をリフォームしておしゃれに住みたい人
  • 菜園付きの古民家でカフェやレストランをしたい人
  • 旧家や武家屋敷などに憧れがある人
  • 都会暮らしに疲れた人
  • 自給自足をしたい人
  • 古民家で外国人を対象にした宿を経営したい人

 

実際に古民家をリフォームして住んでいる人に尋ねると、「風土に合った建て方をしているので住みやすい」とか、「現代の家よりもゆったり落ち着く」「四季を感じられる」など、魅力にハマっている

人にはとても価値のある物件のようです。

 

売りたいけど実際のところ古民家は売れる売れない?

お客様目線にたった案内図

住宅としてのニーズに留まらない古民家は一般の家屋よりも「売れる物件」と言えます。

一般の木造建築では通常20年すると価値は0円になると言われている日本の市場で唯一活気づいている市場とも言えます。

古いものに価値を見出すというのは田舎に住んでいるとなかなか理解しがたいことかも知れませんが都会の生活に疲れた方にとって田舎暮らしは憧れなのです。

 

チェック

不便だし駅から遠いけど売れる?

古民家を買いたいと思う人はむしろその不便さを求めています。コンビニが近所にある利便性よりも薪で風呂を焚く方がよっぽど価値があると思える人々です。

だからといって駅から程よい立地にある物件が売れないということもありません。田舎暮らしは始めたいけどいい距離感にスーパーがあって欲しいというニーズもあるので

心配はいらないということです。

チェック

リフォームしてないけど売れる?

リフォームは元々住んでいた人が生活を快適にするために現代風にしている家屋もありますが、かまどがあったり、五右衛門風呂があったり、土間がそのままあったりという昔のままの物件も

数多くあります。買い手が好きなようにリフォームできるのも古民家の楽しみの1つなのかもしれません。

古民家ブームを追い風に田舎の古民家を売るには?

不動産売却時の税金

せっかく売りに出すとなると少しでも高く売りたいですよね。

古民家専門の不動産会社に査定を依頼しようとしたら、エリアが限定されていた。自分の売りたい物件は査定の対象範囲外だった。という声はよく聞きます。

そこで、地域を限定することなく古民家の査定を無料で行なってくれる便利なサイトがあるんです。

 

自分で不動産会社にいく必要はありません。

パソコンやスマホがあれば無料で査定できますから、パパっと査定が出せてしまう。

 

古民家を売る時まとめ

 

古民家ブームとはいえ、所有者が、古民家を求めている人を探すのは容易ではありません。そのため多くの不動産会社に見積もりをとることが大切です。

現在の古民家ブームは、親の家土地を売ることを願う人には大きなチャンスと言えるのです。

⇒古民家物件を少しでも高く売る方法

 

【PR】おすすめ情報

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。