ローンがまだ残っている家を売る時の2つの解決方法

家を売る ローン残ってる

住宅ローンがまだ残ってる家を売るには?

住宅ローンがまだ残ってる家を売るには、住宅ローン自体が抵当として敷地・建物の両方に抵当権が入っているのでローンの残債を一括返済して抵当権を抹消し、名義変更をしないと売却することは出来ません。

通常、ローンが残る場合には融資金を完済して、取引銀行からの契約書面の抵当権を抹消する移管登記の手続き後に売却することになります。

不動産屋

 

ローンの返済中に住宅の売却を視野に入れているのであれば、一番簡単な方法は「住宅ローンの残債よりも高値で売却する」という方法がローンの残債が有っても、不動産会社から残債を支払ってもらうことが出来るので銀行から借り入れしている住宅ローン問題もスムーズに解決できます。

 

住宅ローンが残っている家を売るのが得意な不動産会社探しならココ!

 

※こちらを利用するとあなたの住宅やマンションなどの不動産を日本一高い値段をつけてもらうことが出来るので、ローンの残債を不動産を売却することで相殺することが出来るかどうか「60秒の無料診断」でローンを売却して支払うことが出来るかどうかを確かめることが出来るので損なく現状把握することが出来るのでおすすめですよ。

 

不動産売却時の最大のポイントは、自分の家を少しでも高値で買い取ってもらうことが出来るかどうかのみなので、地場の不動産会社から都心の不動産会社が集まっているので「不動産会社同士が競り合って最大の価格を叩き出してくれます」。

 

ご自身の家の売値が分かれば、最悪銀行に相談に行って差額をローンを組むことが出来るかどうかの相談をしてみると良いかと思いますが、その際には住宅ローンと同様の金利や返済回数で対応してもらうことは出来ないので出来る限り借換をする金額を少なく出来る不動産一括査定で確認してから相談検討することをオススメします。

 

家の住宅ローンが支払えないから家を売却したい時の方法

 

任意売却で家を売る

 

住宅ローンの返済が苦しいからい「家を売りたい」という時には、任意売却という方法もあります。

 

任意売却とは?

任意売却とは、債権者(銀行)と債務者(あなた)との間に専属の不動産コンサルタントが入って、債権者(銀行)の合意を得ることが出来るように相談をしてもらえ、家の売却価格が住宅ローン残高よりも低くても売却することが出来る合法的な不動産取引の方法になります。

 

この任意売却なら家のローンの支払いが困難になってしまう前に不動産コンサルタントに相談することで競売を免れることが出来るので、強制執行という競売の手段を奪うことが出来ます。

 

債務者であるあなたの家が売却額以下でも取引でき裁判所からの介入もなく取引をすることが出来るという大きいメリットが有るので、不動産売却査定額が住宅ローンの残債よりも低くても安全に取引することが出来るので安心です。

 

諸事情も含めて不動産コンサルタントに売却査定額を相談してみるならこちら

 

ローンがまだ残ってるけど家を売りたい時の総まとめ

 

住宅ローンけど家売りたい

 

これまでのことを振り返ると、ローンがまだ残ってるけど家を売りたいと言うニーズはあなただけではなく他にも多くの方が思い悩んでこのような解決策を見出してきたものです。

 

だからこそ、先人の知恵を活かして上手くあなた自身の家を売る目的に照らし合わせて利用してみて下さい。

知っている者勝ちの世の中です。

 

すべてはあなたの家を高く売れる為の最善の策を講じる、と言うシンプルな解決策しか有りません。この様な難しく見える問題も出口の「家を高く売るだけ」という部分がブレない限り大丈夫です。

 

自己破産や競売などに最悪の場面でも発展すること無く対応することが出来るので日本最大手の不動産会社を、今のネット社会を利用することでたったの60秒で、しかも無料で利用することが出来ます。

 

これを活用しない手はありません。 どんなに良いサービスも、そのサービスの良さがわかった人だけが得をするものです。

 

あなたはどちらのタイプでしょうか?上手く活用してみて下さいね。

こちらの記事は、住宅ローンの残債有りで家やマンションの不動産売却できる?でも買い替えや住替えの際のことや、あなたのお住いの地域の不動産会社に足を運んでもあまり意味を成さないことを解説していますので良かったら参考にしてみて下さいね。

 

【PR】おすすめ情報

コメントは受け付けていません。